ただの断食じゃねーぜ!(マレーシア新卒ブログ⑭)

どーもー!


今日から有休とってシンガポールに行こうと思ってたけど、空港に着いてからパスポートを忘れてきたことに気づきましたもりぞーですw 


今週からはイスラム教徒の恒例行事「ラマダン」について色々と調べながらシェアしていきたいと思います。まずラマダンて何なんよってのを簡単に調べてみると、 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イスラム教の開祖であるムハンマドに聖典コーランが啓示されたと伝えられる神聖な月。ラマダーン。イスラム暦第9月。ラマダンにあたる約一ヶ月、イスラム教徒は曙の祈りから日没まで断食・禁欲をしなければならない。タバコだけでなく香料、性行為も日中は断ち、水も飲めない上に、唾を飲み込むことも禁止する宗派もある。ムスリム五行の一つであるサウムであり(サウム(صوم)とは断食を意味するアラビヤ語)、妊婦や子供など出来ない理由があるもの以外は義務とされる。さらに断食だけでなくアッラーへの信仰をより強くするための期間でもあるため、一ヶ月を費やしコーランを朗読するなどの行為も行われたりする。日没になると断食は一時的に解かれるため、夜の間に食事を済ませ、礼拝などを行う。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
引用:http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E9%A5%DE%A5%C0%A5%F3 



だそうです。この文言だけ見ても、多分イメージしていたラマダンと違うんではないかと思います。 


多くの人がラマダン=断食というイメージでしょうが、じつは、タバコや性欲も日中は禁じられるということ。 


もっと言うと、これらは個人の意思に任せられるものではなくて、法律でも取り締まられているということ。(日中にご飯食べたり、水飲んだりすると罰せられるという訳ですな。) 


そして何がすごいって、この年中暑いマレーシアで、日中に「水」を飲めないと言うこと。唾も飲まないという徹底ぶりはほんまにすげぇわ。 


さらにこれが問答無用で働いている人にも適応されるのがすごい。(戦争の時も適応されるとも聞いたことがあります。)


 僕たちの職場もマレーシア人の人がたくさんいますけど、本当に食べてないし、飲んでないので、夕方くらいは頭回らないと言って呻いています。


 そして日暮れ時の7時半頃になると、みんな30分前くらいから店で食べ物と飲み物をたくさん注文しておいて、一斉に飲食が始まります。 


夕方に需要が集中するから、ラマダン期間限定の屋台みたいな店がこの期間限定で出店します。(ラマダン限定の料理も結構あるみたいです)




なによりこのラマダンの醍醐味は、この食事の時に普段当たり前と思ってる食事に感謝できることみたいです。


 今日は宗教の事なのであんまりチョけた写真を載せたり言ったりできませんがこの辺で。 


それでは!!今日の宿をさがさねぇと日が暮れちまうぜ! 


☆☆2019年!モリゾーのマレーシア相談再開しました
気になる方はこちらの記事を読んでみてください☆☆


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。