新卒でマレーシアに就職した男が彼女出来るまでてきとーに続けるブログ

彼女と一緒にブログ再開しました!

海外就職を目指している女性向けの記事を書いて行きますので、よかったらぜひ見にきてくださいね〜

ブログ:https://malaysia-job.com

人生の楽園、SPA(Supecial Perfect Area)とは?(マレーシア新卒ブログ⑯)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ブログ再開しました】
2018年3月から、マレーシアで出会った日本人の彼女とブログを再開しました!
マレーシアに就職したい女性向けの記事を書いて行きますので、見にきてくださいね〜



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんばんは紳士淑女の諸君。


飲み会で馬鹿みたいに飲んでる人、恋人とデートしてる人、直帰して2チャンネルしてる人、彼女出来るまでブログ書いてる人、きっとそれぞれに幸せな時間を過ごしていることでしょう。


僕は日本国が、そんな『違い』を尊重する国になっていくことを願ってやみません。


さて、昨日書いたぼったくりから恋愛の極意を学んだというくそ適当な投稿にとても反響があり、
人気記事の二番目に現在表示されています。


三時間ノンストップで書いた渾身の力作なので、ぜひ多くの人の目に届けたいと思う次第です。
まだ読んでいない人はぜひ!



http://malaysiamorimori.muragon.com/entry/16.html



さて、実は今日クアラルンプールまで5時間かけて戻ってきましたw 


ジョホールバルもマラッカもいくつか面白いところあったけど、基本のベースがどこも似たり寄ったりなので、これだったらKLでええがなということでせかせか引き返してきました。


そして、金曜日の夜ということで今日も世界経済に微力ながら貢献するため、KLのSPAに単身やってきました。 (いつもはイカれた相棒と一緒ですが、今日は単身未知のSPAに突入しています。)


これに関しては別途1つのテーマで書き綴るので、簡単に。




そもそもマレーシアでのSPAというのは、日本人が使うSPAとは意味が異なります。


日本人のいうSPAというのは、「お風呂に入ってゆっくりくつろげる場所」っていうイメージかと思います。


しかしマレーシアは違います。かなり近いですがかなり違います。
(俺は海外ぜんぜん知りませので、ほかの東南アジアとかも同じ意味かもしれません。)


僕は初めての人にSPAの説明をするとき、いつもこういいます。






『SPAとは、人間の三大欲求をすべて一度に満たせる男たちの桃源郷である』と。



三大欲求を知らない人は??いませんね。
そうです。


食欲(食べ放題です。普通に飯チョーうまいです。)
睡眠欲(映画を見ながら寝れる仮眠室があります。)
○欲(時間制限は特に決まっていません。多国籍で取り揃えています。ちなみに最後までです。僕は今まで中国人、インドネシア人、ミャンマー人とグローバルな交流を図りました。)


この三つですね。
そしてもちろんSPAというだけあって当然広いお風呂サウナにも何回だって入れます。


基本的にこっちでは湯船にお湯を貯める文化がないので、お湯に浸かれるということがいかにありがたいかということをかみ締めています。


そして極めつけは値段
なんと日本円で約6000円!!!! (○ンサロだけでこの値段超えますよね。)
考えられますかこんなこと??


だってTogetherを除けば延々とループできるんですよここ!


もし日本にこんな場所があれば、アルバイトだけして週末にSPAに通う素人童貞フリーター量産工場になること間違いなしですね。


まじでExcellent!
こんな人間を堕落させる場所があってよいのでしょうか神様?! 




いかがでしたか?
今日は概要のみでしたが、Supecial Perfect Area (僕が勝手につけましたw)の魅力伝わりましたででしょうか?


マレーシアに遊びにきてくれた男性諸君はいつでも連れて行くのでぜひともご連絡ください!


それでは、眠らない夜の街にリュックサッカー日本代表として繰り出します!!
ジュンパラギッ!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。