新卒でマレーシアに就職した男が彼女出来るまでてきとーに続けるブログ

彼女と一緒にブログ再開しました!

海外就職を目指している女性向けの記事を書いて行きますので、よかったらぜひ見にきてくださいね〜

ブログ:https://malaysia-job.com

もし、日本の某私立大学が一カ月ラマダンに取り組んだら。(マレーシア新卒ブログ⑳)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ブログ再開しました】
2018年3月から、マレーシアで出会った日本人の彼女とブログを再開しました!
マレーシアに就職したい女性向けの記事を書いて行きますので、見にきてくださいね〜



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はい。


今日でラマダン特集は最後になります。


この一週間、いろんなラマダンのブログや記事を見てきましたが、9割以上が情報の横流しで、その中にその人の考えやオリジナリティといったものが含まれているものが少なく面白くないと思いました。


30分ほどほどうんうん悩んだ結果、あのベストセラー小説『もしドラ』からヒントを思いつきました。


題して、


『もし、日本の某私立大学が一カ月ラマダンに取り組んだら』。



前提として、
『日の出から、日没まで空気以外のものを一切口にしない』
というルールのみを適用し、お酒や豚肉の制限、お祈りなどは適応しません。


そのほかのイスラム教の教えは一切いれないという条件の超短編ストーリーを書きました。




では本当に暇な方だけどうぞ。



==============================
ここは、京都市内にある某私立S大学。


授業の登録人数に対し、およそ5割の生徒しか授業に参加しない
ごくごくどこにでもあるふつーの私立大学。


そんな彼らはこれから一か月、ひょんなきっかけでラマダンにとりくむこととなった。


学長が熱心なイスラム教徒で、ぜひすばらしいイスラム教の『ラマダン』という行事を学生たちに体験してもらいたいと考えたからだ。


当然多くの学生から反対が出たが、反対に異文化を学ぶことに対して興味を示す父兄の声も多く、また教育改革の一環として日本でも例がないということでメディアにも後押しされ、実施にいたることとなった。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
このプロジェクトが始まってすぐ、大学では大きな問題が起きていた。


なんとか出席していたまじめな5割の学生のうち、約8割の学生が自主休校をすることになってしまったのだ。


飲み食いが一切できない上に、ただでさえつまらない教授の授業にわざわざ出席し、回らない頭で教授の退屈な話を90分を聞こうとする人は皆無に等しいだろう。


しかし、この苛酷な環境の中残った1割の本当に優秀な層の学生は、普段大教室でうんざりしながら聞いていた授業を、まるで高校生の時の少人数教室のように受講することができるようになった。


人数が少ないうえに、優秀な学生しかいないとなれば、普段一方的にレジュメを読み上げて満足している教授も前のめりになって熱心に授業をする。


さながらハーバード大学のような熱い議論が一割の学生同士や教授とのやりとりの中でになされ、ラマダンに耐えながらも授業に出席した達成感と、すばらしい授業を作り上げた一体感によって、非常に中身の濃い関係が築かれた。


基本的に優秀な一割の彼らは普段一匹狼で授業を受講するが、初めてここで自分たちと同じ意思を持った仲間と出逢い強い絆を結ぶ。


彼らと教授は意気投合し、日没後の会食に出掛ける。



【鳥貴族にて・・・】


佐藤『いやーラマダンは大変だけど、最高に白熱した授業だったな!』
鈴木『お前みたいなやつがいつも同じ教室にいたなんてしんじられねぇよ。もっと早く出逢いたっかったぜ!』
武者小路綾小路先生『俺は大学で教鞭をとるようになって、初めて授業が楽しいと思えたよ。(ぐすん)本当にありがとうお前ら!』
田中、山田、鈴木、佐藤『武者小路綾小路先生・・・。』


田中『いやー一カ月ラマダンをやるって聞いたときはどうなることかと思ったけど、まさかこんな出逢いがあるなんて、人生何があるかわからないもんだな。そしてなにより俺には新しい夢が出来た。大学生の教育レベルの低下が叫ばれている近年の日本で、この授業の形を日本全国の大学に広めるって夢だ!!』


山田『なるほど・・・。でもどうやってそんなことができるのさ?』


田中『ラマダンをたくさんの大学でとりいれるのさ!当然このプログラムの意図はつたえずにな。そしてそのラマダン中にも一度も授業を欠席せずに参加し続けた学生だけを日本中から集め、最強の組織を作る。そこに集まった超エリートの集団と、優秀な教授に直接オファーをかけるのさ。そしてその授業の様子をメディアやYOUTUBEをつかって日本中に発信する!』


武者小路綾小路先生『なるほど。これは1大ムーブメントになるぞ。イノベーションだ田中! 二代目スティーブジョブズだ田中! ロジカルシンキングだぞ田中!』


田中『やだなぁやめて下さいよ武者小路綾小路先生。言うは易し、行うは難しっていうじゃないですか。それより今日は俺達が出会った記念の日。みんなで兄弟の杯をかわしましょう!!カンパーイ!!』


山田、佐藤、鈴木、武者小路綾小路先生『カンパーイ!!!!』






10年後。





インタビュアー『田中さん!おめでとうございます!!なんと史上初日本の大学が世界大学ランキングの1位を飾りました!コメントをお願いします!!』


田中『10年前僕らが立ち上げた「ラマダン大学」が、とうとう世界の大学ランキングで、難攻不落のハーバードの牙城を崩すことができました。これはひとえに僕を支えてくれた、山田副学長、佐藤名誉教授、鈴木名誉教授、武者小路綾小路清掃員のおかげです。みんな本当にありがとう!
日本の教育界はこれから僕たちがひっぱていきます!!』


==============================================





・・・。


疲れたW



明日5時起きなので寝ます。



おやすみなさい。
(ちょっと楽しかったな・・・。)









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。